So-net無料ブログ作成

二週間


二週間がたちました。

 

あの日は自宅におり、揺れを感じたと思う間もなく電気が消え、
市内ほぼ全域が停電となりました。

非常用のラジオを聴きながら、繋がらない携帯を何度も何度もかけなおし、
まずは母の無事、そして家族の無事を確認。

情報源はラジオだけ、何が起こっているのかわかっているようでわからず、
ここにも大津波警報が出ておりましたので、
市から流れる放送に耳を澄まし、サイレンの音に脅えつつ暗闇の夜を迎えました。

電気が復旧したのは翌日未明の2時頃、
真っ先につけたテレビで目にしたのは火のまわった気仙沼港。
それだけでもなのに、明るくなってから映し出される光景は
こんなことが現実に起こるのかと、信じられないものばかりでした。

尊い命が沢山なくなりました。

 

被災された皆さまに心よりのお見舞いを申し上げるととともに、
亡くなられた方々のご冥福を深くお祈りいたします。

 

二週間がたち、被災地も少しずつの復旧がはじまり、
わずかながらでも復興の兆しが見えようとしています。

みんなの顔に笑顔が戻る日はまだまだ遠いでしょうが、
一日も早くその日が訪れること、心より願っております。

 

ここにもほんの少しだけ生活の不自由がありますが、
不平を言うことなく惑わされず、粛々と日々を過していきたいと思っております。

 

最後に、原発での危険な作業に従事してくださっている方々に、
心よりの感謝を申し上げます。

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。